I like what I like

アイドルが好きです。

2018年上半期振り返り

もう下半期も半分終わろうとしているのに今更上半期の振り返りをします。最近老化が激しく、すぐに物事を忘れるので、書いておかないとやばい。

 

1月

 

全然記憶がない。何にもしてない。ノー現場!

年初の帝劇がなくなってすごく寂しい。でも、高いチケ代払わなくていいからいいのかもしれない。トニトニが私の中のJW最高傑作なので、別にこれから先年始の現場がなくても泣かない。あったら行きます。もちろん。

 

2月

全然記憶がない。

けど、よくよく考えたら伝打伝助でバキバキに打ちひしがれて再起不能になってた。2/28は友達とご飯に行ったんだけど、震えながら行った。今考えてもゾッとするほど鮮やかな犯行だった。

詳細はこちら↓

riiicco.hatenablog.com

 

3月

ヴァ、ヴァ、ヴァ!!!!全然期待してなかったのに割と楽しめてしまった。ぶっちゃけ戸塚くんさえいればなんでもいいんだな、私……などど思い、ちょっと落ち込む。

でも、あのメイクは絶対いらなかった。あと舞台前にいきなり声帯結節の話を教えてくれたのなんだったんだろう。あの件で心の中で戸塚くんと大喧嘩したんだけど、翌日起きたら綺麗さっぱり忘れていた。ちょろりんぬ。いや、でも、ほんと喉には気をつけて、きちんとケアしてください。

ブログはこちら↓

riiicco.hatenablog.com

 

ジョーダンバットが鳴っているの書籍が発売される。

全ページに細かく書き込みしたり、ヴァで投げ込む手紙に感想書いたり(自分史上最高の大作をボックスに入れて満足。絶対に読まないでほしい)、イベント応募の葉書に感想書いたり(感想という名の角川と編集さんへのお礼状含む)したら、それだけで満足してブログを書いていない。下書きにあるのでいつか書きたい。今書いてます。

 

4月

まだヴァを見た。メイクが薄くなってよかったです。

 

セクゾコンin静岡

初デジチケでアリーナを引き当てる。キラキラがバシバシ顔に当たって凶器だった。痛い。

めっちゃいいコンサートだった。お金がかかってるぅ!!

感想はこちら↓

 

riiicco.hatenablog.com 

掛川駅で食べたメロンのアイス美味しかった。

 

5月

ラストホールドを見る。

映画はふつうに楽しめた。やっぱり大きなスクリーンに自担が映るって嬉しいんだろうなぁと思った。塚田くん、とてもきれいだった。

映画館でFuture Lightが流れた瞬間は思わず涙ぐんでしまった。嬉しい。単純に。こういう嬉しいがもっと積み重なってほしい。

 

ジョーダンバットのイベントに当たった。よかった。これで当たらなかったらマジで死んでた。ご協力いただきました皆さま、本当にありがとうございます。

感想を書いていたけど、途中で力尽きていた。

調布というホーム中のホームで、とてもリラックスしている自担が見れた。プライベートの話をあまり公の場でしない戸塚くんが、リアル友達を連れてきてくれたことに謎の感動を覚える。余計なお世話でしょうが、今後とも仲良くしてください。

真面目に気持ちの悪い話をすると、我々はちゃんと戸塚くんに愛されているのだなぁと思った。恥ずかしい。何言ってるの??! オタク以外の人にはこんなこと口が裂けても言えないけど、そういう感傷に浸れる会だった。

まとめ代わりにツイートを引用。

戸塚くんの発言に関して、時々、それほんとにそう思ってる?と疑心暗鬼になるときもあるんだけど、『戸塚くんは心の中に存在していることを発信している』と信じようと思う原動力になった。もちろん、その通りにできないときもあるけど、それでもちゃんと思ったことを言ってるんだろうな。と、私は推測するし、信じ続けるのだろう。

「光」の朗読よかったな。すごくうまい!ってわけではないかもしれないけど、戸塚くんが声に出して読んでくれることで、彼にとって大切なシーンがありありとわかった。改めていい作品だと思う。

 

セクゾコンにも行ったけど、4月にも書いたので割愛。

 

6月

ご縁があって、バリータークを見る。泣いた〜。

剛くんの演技、ドラマでは見たことあるけど、生で見ると全然違う。なんというか……こわかった、というのが一番近い感情かもしれない。リアリティがありすぎて非現実的な感覚を感じた。『お芝居を見ている』と強く思った。不思議。完成されていて、私個人の感情が入り込む余地がなかった気がする。すごいものを見た。

 

LBTが始まる!

ラブバトル最高!ホールツアーかぁ〜って思ったけど、始まってみたらもちろん楽しかった。当たり前。いろいろ書きたいことがあるので、今日はこれだけにしておこうと思う。

 

 

上半期を振り返って思ったこと『現場がないと生きる意味を失いがち』

以上です。