I like what I like

お好きにどうぞ

1.とびきりの笑顔~とつかしょうたのすきなところ~

私が戸塚くんを認識したのは、2000年から2001年ごろの事だったと思う。
初めてファンクラブに入って、初めてコンサートに行った頃、いうなれば私のジャニオタ元年だった。

少クラは毎週欠かさず見ていたし、ドル誌は毎月全部買ってたし、有り余る時間とエネルギーのすべてを画面や紙面の向こうのジャニーズにかけ始めたころのこと。


黄金期ほどではないかもしれないけれど、Jr界隈もそこそこ活気があって、それなりの露出もあった頃で、中学生女子にとってジャニーズは話の種になり得る存在だった。
クラスの女子が集まって、同い年のJrで誰が好き?という話題になったとき、私は迷わず「とっつー!笑顔が可愛いもん!」と答えていた。
成長途上の子供らしいやわらかさが残る戸塚くんが、無邪気に笑う顔がとても可愛い!と思っていたことを覚えている。


あれから15年あまり。

戸塚くんの笑顔は、夢に胸を躍らせていた中学生の少年だったあの頃のような輝きを失わない。
中学生の頃、音楽室の片隅でこっそり持ってきた雑誌を広げて、とっつーの笑顔がかわいい!と豪語していた私は、いつの間にか大人になって、キラキラした気持ちを失いつつある。
15年という年月、ことさら、子供から大人への過渡期は、言葉から感じる印象より遥かに長くて、現在と過去に連続性があることを忘れるほど人の在り方を変えることだってある。

それだけの時間を経ても、戸塚くんがあの頃と同じ顔で笑ってくれること。そして、その笑顔を見続けることが出来ること。

それは、私にとってとても幸せなことだし、ある種の希望のようにも感じている。

 

私は戸塚くんの笑顔が好き。
ステージのうえ、キラキラと輝く。瞳の中に、たくさんのお星様を溢れさせて。
時にはイタズラっ子のような無邪気さで、顔をくしゃくしゃにして笑う。
その笑顔に、たくさん元気ももらったし、勇気ももらってる。